鬼滅の刃で最強の鬼狩りである理由

マンガを熱心に読んでいれば、その答えに驚くことはありません。
鬼滅の刃は鬼滅の刃のファンダムの間で非常に人気のあるキャラクターです。しかし、まだ漫画を読んでいない場合は、「何がそんなに特別なのか」と自問することに多くの時間を費やしているかもしれません。実を言うと、シリーズで輝ける瞬間がなかったので誰もあなたを責めませんが、マンガシリーズ全体を読んだ人はその真の可能性と強さを知っています。

マンガで彼の力の一部を初めて目にするのは、刀鍛冶の村の弧の後、このエリートグループがムザンキブツジの軍隊と戦う準備をしているハシラトレーニング中です。姫島行明は何とか問題なく街中を岩を動かすことができ、さらに滝の下に座ることができ、高さやスピードによって体に大きなダメージを与える可能性があり、不快感を与えることもありません。

鬼滅の刃で最強の鬼狩りである理由

彼の力の起源は、僧侶としての彼の過去から直接来ているのかもしれません。彼の使命は「他を凌駕する」ことではなく、彼にとって最愛の人を守ることだったので、彼は悪魔ハンターになる前にすでに強かった。寺院の中の子供たち、そして彼らの一人は敷地を使い果たして悪魔に会いました。

その鬼は街で多くのトラブルを引き起こし、寺院の子供たちを危険にさらしました、残念ながら行明は9人の子供たちのうちの1人しか救うことができませんでした。当時、彼は鬼滅の刃の鬼滅の刃の一部ではなく、頭を切り落とすためのニチリンの刀も持っていなかったことに注意する必要があります。彼の虚弱な体にもかかわらず、彼は日光がモンスターを殺すまで、裸の拳で数時間悪魔を物理的に打ち負かすことができました。

アニメ「鬼の劈開刃」における行明の真の力

彼が新しい目標を持っていたので、このイベントは彼を寺院から追放しました:彼の愛する人を保護するためにこれらの悪魔を倒してください。 鬼滅の刃に見られるように、彼の強さは肉体的であるだけでなく、悪魔との戦いで示したように、意志です。 組織に採用されると、行明は自分のスキルを磨き、限界を超えて体を鍛えることにすべての時間を費やしました。 彼は非常に強かったので、上月のナンバーワンは彼を何世紀にもわたって直面した最強の戦闘機と見なしました。

鬼滅の刃で最強の鬼狩りである理由

武山きぶつじに次ぐ鬼、国四宝は、行明が人体を奪い、限界まで精錬したことを認めた。 後者は非常に強かったので、彼は同じレベルで大きな困難なしに戦っただけでなく、彼女のエゴと怒りからかなり無謀に戦っていたので、サネミを何度も救うことができました。